PGNiG、ウクライナでガス田の権益取得

ポーランドの国営ガス・石油大手PGNiGは8月30日、国境付近のウクライナ西部リビウ(Lviv)州にあるByblivska天然ガス田の権益を有する地場企業Karpatgazvydobuvannyaの株式85%を取得したと発表した。2023年にも生産を開始する方針。 PGNiGは今回、地場のエネルギー開…

関連国・地域: ポーランドウクライナ
関連業種: 金融電力・ガス・水道


その他記事

すべての文頭を開く

議会、新興財閥の影響力を抑制する法案可決(09/27)

海運DFDS、ICTロジスティクスを買収(09/20)

ウクライナ中銀、8.5%に利上げ(09/13)

PGNiG、ウクライナでガス田の権益取得(09/01)

トルコ、EUとワクチン証明を相互承認(09/01)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン