• 印刷する

NNの資産運用部門、米ゴールドマンが買収

オランダの保険大手NNグループは19日、傘下の資産運用部門NNインベストメント・パートナーズ(NNIP)を、米国の投資銀行ゴールドマン・サックスに売却することで合意したと発表した。取引額は総額19億8,000万ドル。ゴールドマン・サックスのデービッド・ソロモン最高経営責任者(CEO)が2018年に就任して以降、最大の買収案件となる。

ゴールドマン・サックスはNNIPの買収を、欧州のリテールや機関投資家向けチャンネル全体でのファンド管理、流通プラットフォーム強化につなげる。NNIPは投資適格格付け、持続可能でインパクトある株式、グリーン債といった商品の成長を加速させる。取引は関係当局の承認を得て、2022年3月末までに完了する見込み。

NNIPの運用資産は約3,350億ドル。買収によりゴールドマン・サックスの欧州における運用資産は倍増し、6,000億ドル超となる。NNIPは15カ国に900人超の従業員を擁するが、従業員は今後ゴールドマン・サックスに移管されるほか、オランダは同社欧州部門の重要拠点になるという。

両社は合意の一環として、10年間の戦略的パートナーシップを締結し、統合後はゴールドマン・サックスがNNグループに約1,900億ドルの資産運用サービスを委託する。

ソロモンCEOは「買収により成長戦略を加速させ、資産運用プラットフォームを拡大することが可能になる」とコメントした。


関連国・地域: オランダ米国
関連業種: 金融

その他記事

すべての文頭を開く

独政府、送電料金の補助に130億ユーロ拠出(10/07)

アブダビのエネ社、オランダ上流事業を売却(10/07)

ヒースロー、旅客制限撤廃へ 29日から=人員不足緩和にめど(10/05)

シクスト、中国・BYDからEV10万台購入(10/05)

伊政府、ITA売却交渉を10月末まで延長(10/04)

オランダ各社のエネルギー値上げに当局警告(10/03)

JCRファーマ、オランダに欧州拠点を設立(10/03)

スキポール空港、来年3月まで利用者制限(10/03)

仏決済ワールドライン、同業OPP株取得(09/30)

オランダ、印と貿易促進で合意(09/30)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン