• 印刷する

ECB新戦略の効果、独アナリストは疑問視

欧州中央銀行(ECB)がインフレ率上昇に向け公表した新戦略の効果を、ドイツの金融アナリストの過半数が疑問視している――。欧州経済研究センター(ZEW)が13日公表した調査で、このような事実が明らかになった。

ECBは、ユーロ圏インフレ率の長期低迷などを背景に、2003年以降で初めての戦略見直しを行い、7月にその結果を公表。インフレ目標を従来の「2%より低いが、これに近い水準」から2%に引き上げるとともに、一時的には目標を上回ることも容認する姿勢を打ち出した。

ZEWはこの新戦略の効果について、ドイツ国内の銀行や保険会社、大手企業などのアナリスト147人を対象に調査を実施。その結果、全体の約46%は、ECBの新戦略は自らのインフレ見通しに何ら影響を及ぼさなかったと回答。また5%は、新戦略の発表を受けて逆にインフレ見通しを下方修正していた。

一方、回答者の49%は、ECBの新戦略はインフレ見通しに「プラス」または「非常にプラス」になると回答。このうち具体的数値を示した70人は、2021~23年のインフレ見通しを平均で0.4ポイント引き上げていた。


関連国・地域: ドイツEU
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

VW、本社の生産台数が激減 過去60年超で最少に=半導体不足(10/22)

SPD、下院議長に女性指名=史上3人目(10/22)

テスラの工場建設巡る意見公募、再実施へ(10/22)

バス運営フリックス、グレイハウンド買収(10/22)

企業ソフトのSAP、第3四半期は14%減益(10/22)

アディダス、フィリピンに東南ア最大店開業(10/22)

3党連立案、デジタル化を重視 未来志向の投資方針示す(10/21)

生産者物価、9月は過去46年超で伸び最大(10/21)

ワイトマン連銀総裁、年内で退任(10/21)

欧州一般裁、ルフトハンザの資産買収を支持(10/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン