• 印刷する

航空IAG、上半期は20億ポンドの赤字

英国の航空大手ブリティッシュ・エアウェイズ(BA)とスペインのイベリア航空を運営するインターナショナル・エアラインズ・グループ(IAG)は7月30日、上半期(1~6月)の営業損失が20億3,500万ユーロとなり、前年同期の40億5,200万ユーロから赤字が縮小したと発表した。新型コロナウイルス対策として導入されている渡航規制の影響を引き続き受けた。

売上高は58.2%減の22億1,200万ユーロ。うち旅客収入は11億4,100万ユーロと72.3%縮小した。座席キロ当たり収入は42.4%減っている。乗客輸送実績は有償旅客キロ(RPK)換算で68.3%落ち込んだ。搭乗率は49.2%と1年前から24.5ポイント低下。純損失は20億4,800万ユーロと、前年同期の38億1,300万ユーロから赤字が縮小した。

第2四半期に限ると、営業損失は9億6,700万ユーロと、前年同期の21億8,200万ユーロから赤字が減少。乗客数は546万8,000人と前年同期の50万8,000人から大きく伸びた。売上高は12億4,400万ユーロで77%増加している。

IAGは今年について、政府の渡航規制緩和のタイミングと、新型コロナウイルス流行の影響や収束時期が不透明であるとして、見通しを示していない。


関連国・地域: 英国
関連業種: 運輸マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

英、入国時の規制を大幅緩和 ワクチン接種完了者を優遇(09/20)

トラックのボルタ、3700万ユーロ調達(09/20)

UAE、英国に5年間で100億ポンド投資へ(09/20)

小売売上高、8月は0.9%減少(09/20)

ロンドン、バスのゼロ排出化を34年に前倒し(09/20)

アパレルのエイソス、環境保護策を強化(09/20)

ネクスト、英で「ギャップ」ブランド運営へ(09/20)

シェル、ロッテルダムにバイオ燃料施設建設(09/17)

英米豪が安全保障で新枠組み 豪へ原潜技術提供、中国念頭に(09/17)

ジョンソン政権、内閣改造後の顔ぶれ確定(09/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン