• 印刷する

VW、仏ヨーロッパカー買収で合意

ドイツの自動車大手フォルクスワーゲン(VW)率いるコンソーシアムは28日、フランスのレンタカー大手ヨーロッパカー・モビリティー・グループの買収で合意したと発表した。取引額は29億ユーロ。レンタカーやカーシェアリングといったモビリティーサービス部門の強化を狙う。

VWは今回、ヨーロッパカー株の6月22日の終値に約27%のプレミアムを上乗せした1株当たり0.5ユーロの支払いを提案。ヨーロッパカーはこれに応じているが、今回の買収にヨーロッパカーの株式合わせて90%以上を出資する株主から支持を得た場合、VWは取引額を0.01ユーロ引き上げる意向という。

買収の成立条件として、VWはヨーロッパカーの株主合わせて少なくとも67%を出資する株主からの支持が必要だが、現時点で既に68%の支持を取り付けている。取り引きは9月末までにフランス規制当局に申請し、年内または2022年第1四半期(1~3月)中に完了する見通し。

ヨーロッパカーは140カ国以上に3,500カ所を超える拠点を持つほか、35万台超の車両を保有する。VWは同社の買収で、こうした市場へのアクセスを確保したい考えだ。

なおVW率いるコンソーシアムには、英国の投資会社アテスター(Attestor)、オランダの輸送機器分野の複合企業ポン・ホールディングスが参加している。

VWは今年6月、ヨーロッパカーの過半数株取得に向けて、約22億ユーロの買収提案を行ったが、ヨーロッパカーは自社の企業価値を過小評価しているとしてこれを拒否。VWは提示額を引き上げ、協議を続けていた。


関連国・地域: ドイツフランス
関連業種: 自動車・二輪車運輸

その他記事

すべての文頭を開く

不動産大手2社、ベルリン市に1.5万棟売却(09/20)

インフィニオン、新工場開設 半導体不足の中3カ月予定前倒し(09/20)

ドイツ、放射性廃棄物の貯蔵施設を閉鎖へ(09/20)

VW排ガス不正問題、元幹部4人の公判開始(09/20)

FB、コロナ対策の陰謀論唱える独団体規制(09/20)

コメルツ銀、投融資で気候中立へ(09/20)

マクドナルド、独全土でポイント制度開始(09/20)

印コタック、VW金融部門のローン事業買収(09/20)

若年ニート率、イタリアが26%で欧州首位(09/20)

化学BASF、中国・CATLと戦略提携(09/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン