• 印刷する

VW、営業利益が過去最高に コロナ前の水準上回る=上半期

ドイツの自動車大手フォルクスワーゲン(VW)は29日、上半期(1~6月)の営業利益(特別損益除く)が113億5,800万ユーロとなり、前年同期の8億300万ユーロの赤字から黒字に転じたと発表した。利益率の高い高級車部門アウディとポルシェが特に好調で、新型コロナウイルス流行前の2019年の約100億ユーロを上回り、過去最高を記録した。

営業利益を部門別に見ると、中核の自動車部門は88億4,100万ユーロで、前年の27億3,800万ユーロの赤字から黒字に復帰。「VW」ブランドの乗用車に限ると17億7,300万ユーロで、こちらも黒字に転じている。金融サービス部門は2倍に拡大。グループの営業利益率は8.8%で、1年前のマイナス0.8%から大きく伸びた。

売上高は34.9%増の1,296億6,900万ユーロ。純利益は84億5,400万ユーロとなり、前年同期の10億1,900万ユーロの赤字から黒字に回復した。販売台数は27.9%増の497万8,000台だった。

VWは通期について、営業利益率の目標を従来の5.5~7%から6~7.5%に引き上げた。上方修正は過去3カ月で2回目となる。販売台数は昨年の930万台から著しく増加すると予想。ただ、半導体の供給不足リスクが悪影響を及ぼす可能性があるとしている。


関連国・地域: ドイツ
関連業種: 自動車・二輪車マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

VW、排ガス巡り英国で和解 2億ポンド支払い=信頼再構築へ(05/27)

ダッソー、独BMWと金型設計アプリ開発(05/27)

欧州委、VWのヨーロッパカー買収を承認(05/27)

仏トタル、独製油所で露産原油の調達量縮小(05/27)

パリ―ベルリンの高速鉄道、来年末にも開業(05/27)

BMW、バッテリーセルのR&D拠点開設へ(05/27)

独の労働者、3人に1人が過度な労働=調査(05/27)

GDP成長率、第1四半期は改定値も0.2%(05/26)

独政府、サル痘ワクチン4万回分を発注(05/26)

ルフトハンザ航空、保守事業の20%株売却も(05/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン