• 印刷する

丸亀製麺、ロンドンで1号店が営業開始

トリドールホールディングスが運営する讃岐うどん専門店「丸亀製麺(現地名称:Marugame Udon)」は26日、英国1号店の営業をロンドンで開始した。中心部の主要ターミナル駅であるリバプールストリート駅の近くに店舗を構える。この出店を機に、欧州での本格展開を狙う。

ロンドンの店舗は日本のスタイルと同様、店内に製麺機を置いて、日本産の小麦粉を使い、打ちたて、茹でたてのうどんを提供する。メニューは基本の「かけ」をはじめ、ロンドン在住者には既に馴染みのあるカツカレーを応用した「カツうどん」や、豚骨ラーメンに似せた「ダブル豚骨」などを用意。丸亀製麺で初となるビーガン(完全菜食主義者)向けメニューも導入している。また、店内飲食に加えて、テークアウトやデリバリーなどにも対応する。

同社は営業開始に先駆けてインスタグラムなどで宣伝活動を展開。オープン当初1週間はクラブカード登録者にうどん1杯無料サービスを提供するとしていたが、人気ぶりから限定枠は既に埋まったという。

トリドールホールディングスは、2020年7月に現地法人を設立し、オープンに向けて準備を進めてきたが、新型コロナウイルスの感染拡大の影響により、出店時期を延期していた。だが、英国でロックダウン(都市封鎖)緩和計画が段階的に進められていることから、開店を決定した。[日本企業の動向]

開店2日目の夕食時に入店待ちの列を作る人々(EMB撮影)

開店2日目の夕食時に入店待ちの列を作る人々(EMB撮影)


関連国・地域: 英国
関連業種: サービス

その他記事

すべての文頭を開く

英、入国時の規制を大幅緩和 ワクチン接種完了者を優遇(09/20)

トラックのボルタ、3700万ユーロ調達(09/20)

UAE、英国に5年間で100億ポンド投資へ(09/20)

小売売上高、8月は0.9%減少(09/20)

ロンドン、バスのゼロ排出化を34年に前倒し(09/20)

アパレルのエイソス、環境保護策を強化(09/20)

ネクスト、英で「ギャップ」ブランド運営へ(09/20)

英米豪が安全保障で新枠組み 豪へ原潜技術提供、中国念頭に(09/17)

シェル、ロッテルダムにバイオ燃料施設建設(09/17)

ジョンソン政権、内閣改造後の顔ぶれ確定(09/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン