バチカン枢機卿らの汚職巡る公判開始

ローマ法王庁(バチカン)のジョバンニ・アンジェロ・ベッチウ枢機卿らによる不動産投資などの不正疑惑を巡る公判が、27日に始まった。ベッチウ氏は横領や職権乱用などの罪に問われている。BBC電子版などが伝えた。 同氏は、2011年からの国務省総務局局長時代に、教会の資金を…

関連国・地域: バチカン
関連業種: マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

ローマ教皇、オルバン首相らと会談(09/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン