• 印刷する

EU、半導体とクラウド巡る二つの同盟発足

欧州委員会は19日、「処理装置・半導体技術に関するアライアンス」および「産業データ、エッジおよびクラウドサービスに関する欧州アライアンス」を発足させると発表した。次世代のマイクロチップや、産業クラウド・エッジコンピューティング技術の開発を推進し、欧州連合(EU)の重要なデジタルインフラと製品、サービスを強化する。

「処理装置・半導体技術に関するアライアンス」では、2030年までに世界の半導体生産におけるシェアを20%に引き上げることを目指す。次世代の処理装置や電子部品の設計・生産のため、欧州の現在の需要に応えるためには16~10ナノメートルの、将来的には5~2ナノメートルのプロセスノードの生産能力が必要になるとしている。

「産業データ、エッジおよびクラウドサービスに関する欧州アライアンス」では、データ量の拡大とエッジコンピューティングの加速に備え、安全かつ効率的で、相互運用が可能なクラウド・エッジ技術の促進を目指す。EU市民と域内企業、公共部門が機密性の高い情報を処理するためのニーズに応え、こうした技術の競争力を高めるという。

欧州委は、この二つのアライアンスにより、企業と加盟国、学術界、ユーザーのほか、研究・技術機関を一つにまとめるとしている。


関連国・地域: EU
関連業種: IT・通信マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

英中銀、利下げ開始はインフレ低下の証拠を見極めてから <連載コラム・欧州経済の潮流を読む>第58回(05/17)

商船三井、CCSをEUが支援=リトアニア(05/17)

ユーロスター、路線拡大検討=最大50両発注(05/17)

欧州委、米メタ調査=未成年保護巡り(05/17)

川崎汽船、バイオ燃料で自動車船を試験航行(05/17)

【ウイークリー統計】第164回 欧州の電力・ガス価格、低下傾向(05/16)

ユーロ圏経済、0.8%拡大へ 地政学的リスクも景気回復(05/16)

欧州中銀、AI規制の必要性指摘=金融業界(05/16)

ユーロ圏GDP、第1四半期は0.3%拡大(05/16)

ステランティスと零ホウ汽車合弁、欧州発売(05/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン