ラトビア、コロナ証明書の提出拒否で失職も

ラトビア政府は、新型コロナウイルス感染対策法の改正案を閣議決定した。10月1日以降、従業員に新型コロナウイルスのワクチン接種完了、または感染からの回復証明を提出することを義務付け、これを拒否した人を解雇する権限を雇用主に与える。この改正案は、議会の承認を必要とす…

関連国・地域: ラトビア
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済雇用・労務社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

ラトビア、21日から約1カ月のロックダウン(10/20)

ラトビア、外国人向け電子IDの導入へ前進(10/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン