富士通、INRIAと異常要因特定AI開発

富士通は16日、フランス国立情報学自動制御研究所(INRIA)と共同で、時系列データで異常な状態と判定した要因を特定する人工知能(AI)技術を開発したと発表した。 近年、ヘルスケアや社会インフラ、ものづくり分野をはじめとするさまざまな場面で多くの時系列データが収…

関連国・地域: フランスアジア
関連業種: IT・通信


その他記事

すべての文頭を開く

仏大統領、ハッキング疑惑で携帯番号変更(07/26)

製造業景況感、7月は改善(07/23)

エネ貯蔵エンジーEPS、台湾社が買収(07/23)

プジョー、タイでショールーム開設を加速(07/23)

仏、文化施設での「ヘルスパス」提示開始(07/22)

仏、食品分析アプリ「ユカ」の人気高まる(07/22)

オレンジ、エチオピア国営通信の入札参加へ(07/22)

ステランティス、新CTOにトヨタ元幹部(07/22)

欧州委、KLM航空への国家補助を再承認(07/21)

仏で「ヘルスパス」法案閣議決定=罰金緩和(07/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン