スルプスカ共和国の発電所、中国社が建設へ

キプロスのエネルギー投資会社コムサル(Comsar)・エナジーを保有するロシアの実業家ラシド・サルダロフ氏は、ボスニア・ヘルツェゴビナを構成するスルプスカ共和国のウグレビック(Ugljevik)火力発電所の建設に向けて、中国とポーランドの2社と戦略的提携を交わした。隣接する…

関連国・地域: ボスニアヘルツェゴビナアジア
関連業種: 建設・不動産電力・ガス・水道


※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン