• 印刷する

空港の入国審査に優先レーン ヒースロー、ワクチン完了者対象

ロンドン・ヒースロー空港は、新型コロナウイルスのワクチン接種が完了した乗客を対象に、入国審査の優先レーンを週内に試験導入する。これに協力する英国の航空大手ブリティッシュ・エアウェイズ(BA)とヴァージンアトランティック航空の一部の便の乗客は、搭乗前にワクチン接種証明を書面で提示するか、電子データを航空会社のアプリ上にアップロードすることができる。英政府は近日中に、ワクチン接種完了者の入国後の自主隔離免除の方針を発表するとみられており、これに先立ち航空会社が接種の有無を迅速に確認できることをアピールする狙いがある。

試験運用の対象となるのは、アテネ、ロサンゼルス、ニューヨーク、ジャマイカのモンテゴベイからロンドンに到着する便。ワクチン接種が完了したことを証明できた乗客は、ヒースロー空港で専用レーンに案内され、迅速に入国審査を通過することが可能。航空会社と空港が事前に接種証明を確認することにより、入国審査の負担が減りそうだ。

今回の運用で認められる証明書は、英国の国民医療制度(NHS)アプリ、米国のCDCカード、米国の州レベルのデジタル証明、欧州連合(EU)の「EUデジタルCOVID証明書」。収集したデータは匿名化した上で、英政府と共有し、試験運用の有効性を確認する。EUの一部加盟国と米国では既に、同様の制度が運用されている。

BAとヴァージンは共同声明で、英国は「ワクチン接種プログラムで世界をリードしているにもかかわらず、接種完了者の隔離免除といった他国が実践している経済的・社会的な収穫が得られていない」と指摘している。


関連国・地域: 英国
関連業種: 医療・医薬品運輸

その他記事

すべての文頭を開く

英米、鉄鋼関税の協議開始 中国の過剰生産対応で協力へ(01/21)

電池モンバット、英アルファハウスと提携(01/21)

ユニリーバ、GSKの部門買収額の増額拒否(01/21)

英求人広告、1割がリモートワーク提示(01/21)

スタンチャート、同業の香港信託事業を買収(01/21)

R・ロイス、シンガポール社と保守契約(01/21)

英、27日からコロナ規制緩和 在宅勤務推奨やマスク義務廃止(01/20)

資源リオ、セルビアのリチウム鉱床計画停止(01/20)

インフレ率、12月は5.4%=過去30年で最高(01/20)

生産者物価、12月は9.3%上昇(01/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン