• 印刷する

空港の入国審査に優先レーン ヒースロー、ワクチン完了者対象

ロンドン・ヒースロー空港は、新型コロナウイルスのワクチン接種が完了した乗客を対象に、入国審査の優先レーンを週内に試験導入する。これに協力する英国の航空大手ブリティッシュ・エアウェイズ(BA)とヴァージンアトランティック航空の一部の便の乗客は、搭乗前にワクチン接種証明を書面で提示するか、電子データを航空会社のアプリ上にアップロードすることができる。英政府は近日中に、ワクチン接種完了者の入国後の自主隔離免除の方針を発表するとみられており、これに先立ち航空会社が接種の有無を迅速に確認できることをアピールする狙いがある。

試験運用の対象となるのは、アテネ、ロサンゼルス、ニューヨーク、ジャマイカのモンテゴベイからロンドンに到着する便。ワクチン接種が完了したことを証明できた乗客は、ヒースロー空港で専用レーンに案内され、迅速に入国審査を通過することが可能。航空会社と空港が事前に接種証明を確認することにより、入国審査の負担が減りそうだ。

今回の運用で認められる証明書は、英国の国民医療制度(NHS)アプリ、米国のCDCカード、米国の州レベルのデジタル証明、欧州連合(EU)の「EUデジタルCOVID証明書」。収集したデータは匿名化した上で、英政府と共有し、試験運用の有効性を確認する。EUの一部加盟国と米国では既に、同様の制度が運用されている。

BAとヴァージンは共同声明で、英国は「ワクチン接種プログラムで世界をリードしているにもかかわらず、接種完了者の隔離免除といった他国が実践している経済的・社会的な収穫が得られていない」と指摘している。


関連国・地域: 英国
関連業種: 医療・医薬品運輸

その他記事

すべての文頭を開く

労働党、150万戸建設計画 ニュータウン設置=選挙勝利なら(05/22)

英企業、AI人材の採用加速=生産性改善も(05/22)

独英送電線「ノイコネクト」、独側で着工(05/22)

BMW、中国製部品の禁輸に違反=米報告書(05/22)

英国民、選挙後の増税覚悟=調査(05/22)

金融スタンチャート、ベトナム社を財務支援(05/22)

英発のシンガポール航空機、乱気流で死者(05/22)

入国審査官がスト実施 ヒースロー空港=5月末から(05/21)

EU離脱後の新通関制度、費用47億ポンドに(05/21)

英韓、AIサミット共催=21日から(05/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン