シーメンス、アンゴラでライトレール敷設へ

アンゴラ政府は、35億ドルを投じて首都ルアンダにライトレール網を敷設する計画だ。ドイツの総合電機大手シーメンスの鉄道部門シーメンス・モビリティーが官民パートナーシップ(PPP)方式で敷設工事を手掛け、2022年の着工を予定する。アフリカニュースが6日伝えた。 ルアン…

関連国・地域: ドイツアフリカ
関連業種: 運輸


その他記事

すべての文頭を開く

独総選挙、SPDが第1党に 僅差でCDU破る=得票率予想(09/27)

ダイムラー、EV電池合弁の33%株取得(09/27)

エーオン、他社からガス顧客引き受け(09/27)

ヤンデックス、独で22年にクラウド事業開始(09/27)

Ifo企業景況感、9月も悪化(09/27)

VW、印でコンパクトSUV発売(09/27)

全国で気候対策求めるデモ=次期政権に圧力(09/27)

「信号機」か「ジャマイカ」か 独総選挙、連立組み合わせが焦点(09/24)

欧州司法裁の法務官「VWのソフトは違法」(09/24)

米当局、タカタ製エアバッグ欠陥で独車調査(09/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン