ベッテル首相、新型コロナで入院=容体安定

ルクセンブルク政府は5日、ベッテル首相(48)が新型コロナウイルス感染症により、入院したと発表した。入院中はグラメーニャ財務相が首相代行を務める取り決めだが、大半の業務は、ベッテル首相が遠隔で続ける方針という。政府の声明を元に、ロイター通信などが伝えた。 それに…

関連国・地域: EUルクセンブルク
関連業種: 医療・医薬品政治社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

A・ミタル、ヒホン工場の脱炭素化に投資(07/14)

ベッテル首相、新型コロナで入院=容体安定(07/07)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン