• 印刷する

EU、ワクチン証明書が発効 保有者は域内移動が原則自由に

欧州連合(EU)で1日、域内共通の新型コロナウイルスワクチン接種証明書となる「EUデジタルCOVID証明書」が正式導入された。証明書保有者は原則的にEU域内を自由に移動できるため、夏季の休暇シーズンに向け観光業への貢献が期待される一方、インドで最初に確認された変異株「デルタ株」の感染拡大を受けた運用への影響が懸念されている。

EUデジタルCOVID証明書はQRコードを通じて、ワクチン接種歴だけでなく、検査の陰性結果や新型コロナウイルス感染症(COVID19)からの回復歴も証明する。デジタルと紙の両方で発行され、保有者は越境の際の自主隔離や検査の義務が免除される。また、加盟各国は国内法に基づき、同証明書を独自の目的に使用することも可能。

この制度にはEU加盟27カ国のほか、リヒテンシュタインとスイス、アイスランド、ノルウェーが参加する。同様の証明書を発行する英国は加わっていないが、ギリシャやスペインなどは、独自に英国の証明書を受け入れている。またEUも、基準に沿った同様のシステムを持つ国との相互運用を検討している。

しかし、こうした動きに水を差すのが、デルタ株の感染拡大による規制強化だ。ドイツは先に、ドイツ国民・居住者を除き、ポルトガルからの入国を禁止。また、ポルトガルとスペイン、マルタは、英国からの入国規制を厳格化した。[EU規制]


関連国・地域: EU
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

【今週の主な予定】10月25日~29日(10/25)

ノルドストリーム2、年内に2本目充填完了(10/25)

10月は過去半年で最低 ユーロ圏総合PMI速報値(10/25)

米政府、デジタル税巡り欧州5カ国と合意(10/25)

EU首脳会議、ポーランドへの措置を協議(10/25)

EV新車登録台数、第3四半期は56.7%増加(10/25)

欧州北部で暴風雨の被害=ポーランドで死者(10/25)

エネルギー危機がCOP26に突き付ける課題 <連載コラム・エネルギーTODAY>第55回(10/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン