• 印刷する

日産、週内に工場新設を発表か 既存拠点でEVバッテリー増産

日産自動車は、英イングランド北東部サンダーランドの既存拠点に電気自動車(EV)用バッテリーのギガファクトリーを建設する計画を、週内に正式に発表する見通しだ。欧州連合(EU)離脱後の英国に大規模な投資と新規雇用をもたらすとともに、英自動車産業の電動化への移行を加速させると期待されている。BBC電子版などが28日伝えた。

ギガファクトリー建設は、英国を日本国外で最大のEV生産拠点とする計画の一環で、英政府との支援を巡る交渉が進められている。テレグラフは、政府は5億ポンドを支援する見通しと報じている。

ギガファクトリーは2024年の操業開始を見込む。中国の遠景集団(エンビジョングループ)傘下で日産にバッテリーを供給するエンビジョンAESCが運営し、年間20万台のEVにバッテリーを供給する計画。エンビジョンAESCは既に、サンダーランド工場で主力EV「リーフ」向けのバッテリーを生産している。

自動車製造取引業者協会(SMMT)はかねて、英国のバッテリー製造能力の不足を指摘し、ギガファクトリーの必要性を訴えている。政府は35年までにEV以外の新車販売を段階的に禁止する方針だが、自動車業界は、バッテリー工場が国内に新設されなければ、自動車メーカーが製造拠点を国外に移転するため、雇用の喪失につながると警告している。

ベルギーの環境団体トランスポート&エンバイロメント(T&E)は先に、英国がEV生産拡大の波に乗り遅れる可能性を指摘。18年時点で欧州のEV生産における英国のシェアは5割を占めていたが、投資不足で30年にはわずか4%にまで縮小すると予想している。また、年間6~6.5ギガワット時とされる日産ギガファクトリーの生産能力は、既に投資が決定している各社の欧州17拠点の合計474ギガワット時に比べれば極めて少ないと指摘している。

英政府は現在、日産を含め6社とギガファクトリー建設に向けて協議を進めているが、確定しているのは、電池セルを手掛ける英新興企業ブリティッシュボルトのイングランド北部ブリスの工場のみ。同工場は23年末までの稼働開始が見込まれている。[環境ニュース][日本企業の動向]


関連国・地域: 英国アジア
関連業種: 自動車・二輪車電機マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

シェル、北海のカンボ油田開発から撤退(12/06)

仏、英仏海峡の共同警備巡る英の提案拒否(12/06)

商船三井、日本の風力発電事業で英社と協業(12/06)

労組ユナイト、労働党への献金停止を示唆(12/06)

米当局、エヌビディアのアーム買収阻止へ(12/06)

JDスポーツ、豪での売上高が60%増加(12/06)

富士フイルム、工場規模倍増 バイオ医薬品拠点で英最大規模に(12/03)

GSKのコロナ治療薬、変異株にも有効(12/03)

英国製ワクチン、血栓症の原因解明=論文(12/03)

英米間の鉄鋼関税交渉、北ア問題巡り膠着か(12/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン