単回投与の露ワクチン、韓国社が受託生産へ

韓国医薬品専門商社GLラファ子会社の韓国コーラスが、8月にもロシア製の新型コロナウイルスワクチン「スプートニクV」の単回投与版「スプートニク・ライト」の受託生産を開始する見込みだ。韓国コーラスのファン・ジェガン会長が、毎日経済新聞とのインタビューで明らかにした…

関連国・地域: ロシアアジア
関連業種: 医療・医薬品


その他記事

すべての文頭を開く

ルスハイドロ、北コーカサスで発電所新設へ(09/23)

露政府がリトビネンコ氏殺害に関与=人権裁(09/22)

露、ロスネフチの欧州向けガス輸出を許可も(09/22)

露議会選、与党「統一ロシア」の圧勝確実(09/21)

ロシア西部のペルミ大学で銃乱射、6人死亡(09/21)

海運DFDS、ICTロジスティクスを買収(09/20)

「テレグラム」、サイバー犯罪の温床に(09/20)

ロシアで近く下院選=野党候補への妨害激化(09/16)

商船三井、ノバテクとLNG船の用船契約(09/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン