シュコダ、半導体不足で未完成車3.3万台に

ドイツ自動車大手フォルクスワーゲン(VW)のチェコ子会社シュコダ・オートは、半導体不足の影響で週に最大5,000台の車両が完成できない状態となっている。現在の未完成車両は合計約3万3,000台に上るという。同社の生産・物流担当取締役とのインタビューを元に、現地の報道サイ…

関連国・地域: チェコ
関連業種: 自動車・二輪車


その他記事

すべての文頭を開く

ECアレグロ、チェコ同業モール買収で協議(09/16)

シュコダ、印で小型の修理拠点30カ所設置へ(09/15)

M&S、仏事業を見直し=食品配送遅延で(09/14)

トヨタ、チェコ工場を再停止=半導体不足(09/13)

現代自、チェコ工場を完全再生エネ化へ(09/09)

トヨタ、チェコ中部工場で生産再開(09/08)

チェコ新車登録台数、8月はほぼ横ばい(09/08)

DEPAのインフラ部門民営化、2社が応札(09/06)

台湾、チェコ提供のワクチン3万本が到着(09/01)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン