• 印刷する

政策金利を0.1%に据え置き 英中銀、インフレで判断に注目

英中銀イングランド銀行は24日、22日に開いた金融政策委員会(MPC)で政策金利を史上最低の0.1%に据え置くことを決めたと発表した。金融資産購入による量的緩和策の規模についても8,950億ポンドで維持している。英国では5月のインフレ率が2.1%となり、中銀が目標とする2%を超えたことから、判断が注目されていた。

議事録によると、政策金利の据え置きは全会一致で決まった。MPCは、経済回復速度と企業が受ける値上げ圧力の度合いが明らかになるまでは利上げはしないと説明。量的緩和政策についても、秋の終わりまでは現状を維持する方針を示した。今回、委員9人のうち、退任予定のアンドリュー・ハルデーン委員だけは、前回5月の会合と同様、資産購入規模の縮小を主張した。

中銀は5月、2021年の国内総生産(GDP)が7.25%になるとして、前回2月の予想の5%から上方修正した。インフレ率については、21年に3%前後に達してピークを迎え、22年に中銀が目標とする2%前後に落ち着くとみている。ただ、市場では4%に達する可能性を指摘する声もある。


関連国・地域: 英国
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

英、入国時の規制を大幅緩和 ワクチン接種完了者を優遇(09/20)

トラックのボルタ、3700万ユーロ調達(09/20)

UAE、英国に5年間で100億ポンド投資へ(09/20)

小売売上高、8月は0.9%減少(09/20)

ロンドン、バスのゼロ排出化を34年に前倒し(09/20)

アパレルのエイソス、環境保護策を強化(09/20)

ネクスト、英で「ギャップ」ブランド運営へ(09/20)

シェル、ロッテルダムにバイオ燃料施設建設(09/17)

英米豪が安全保障で新枠組み 豪へ原潜技術提供、中国念頭に(09/17)

ジョンソン政権、内閣改造後の顔ぶれ確定(09/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン