チェコ最後の公衆電話ボックス撤去

チェコの中央ボヘミア州プジーブラム(Pribram)で17日、国内最後の公衆電話が入った電話ボックスが撤去された。最盛期は3万台を超えた公衆電話も、携帯電話の普及に伴い急減。初の設置から110年の歴史に幕を下ろした。 この公衆電話は、英国の携帯電話大手O2が運営していた。…

関連国・地域: チェコ
関連業種: IT・通信社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

チェコ与党ANO、支持率でリード縮小(09/28)

トヨタ、チェコ工場再開=半導体不足で停止(09/23)

欧州司法裁、炭鉱閉鎖巡りポーランドに罰金(09/22)

決済ユーロワグ、ロンドン上場へ(09/21)

チェコ乗用車生産、8月は56.8%減少(09/17)

ECアレグロ、チェコ同業モール買収で協議(09/16)

シュコダ、印で小型の修理拠点30カ所設置へ(09/15)

M&S、仏事業を見直し=食品配送遅延で(09/14)

トヨタ、チェコ工場を再停止=半導体不足(09/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン