• 印刷する

G7、貧困国にワクチン寄付 サミットで10億回分提供で合意へ

先進7カ国(G7)は、11~13日に英イングランド南西部コーンウォールで開く首脳会議(サミット)で、開発途上国に新型コロナウイルスワクチン10億回分を寄付することで合意する見通しだ。これにより、来年末までに全世界でワクチン展開を完了することを目指す。先進諸国がワクチンを独占しているとの批判をかわすとともに、中国やロシアの「ワクチン外交」に対抗する狙いもある。

議長国である英国のジョンソン首相は11日、サミット開催に先立ち、「厳格だがぜひとも必要とされる目標を採択したい」とした上で、「来年末までに世界中のすべての人にワクチンを提供するため、ワクチン10億回分を開発途上国に供給する」目標での合意を目指すと話した。

同首相はこれに向け、英国の余剰ワクチン1億回分を寄付するとしている。うち500万回分を9月末まで、さらに2,500万回分を年内に提供する。また、米国のバイデン大統領も10日、米製薬大手ファイザー製ワクチン5億回分を買い上げて寄付すると約束した。うち2億回分は年内に、3億万回分は来年前半に提供する。同国は先に、6月末までにワクチン8,000万回分を世界各国に寄付すると発表していたが、これに追加での提供となる。

先進諸国の多くではワクチン接種が順調に進んでいるが、貧困国のワクチン展開の遅れを放置すれば局地的に感染が拡大し、ワクチンが効きにくい新たな変異株の出現を招く恐れがある。世界保健機関(WHO)は先進諸国の協力を得てワクチン調達の国際的枠組み「COVAXファシリティー」を進めているが、開発途上国への供給量は累計8,000万回分にとどまっている。慈善団体などは、G7が合意を目指す10億回分の寄付では少なすぎると批判している。

なお、今回のサミットではほかに、新たなウイルスのパンデミック(世界的大流行)に備え、監視センターのネットワークを構築することや、新ウイルスのワクチンおよび治療法の開発に要する期間を100日に短縮する取り組みでも合意を目指す。


関連国・地域: 英国EU米国
関連業種: 医療・医薬品政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

ドゥダ大統領、ウクライナ議会で演説(05/24)

ナゴルノカラバフ紛争、和平交渉で進展(05/24)

独と伊、露産ガス輸入でルーブル口座許可か(05/24)

欧州、サル痘防疫で隔離やワクチン奨励へ(05/24)

欧州委、著作権指令の国内法化を各国に要請(05/24)

【今週の主な予定】5月23~27日(05/23)

ギリシャ、ロシア産重油の再輸出拠点に(05/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン