商船三井、液化CO2輸出など共同検討

商船三井は、ノルウェーの船舶管理ラルビック・シッピングおよびリトアニア国営のターミナル運営会社クライペドス・ナフタと、リトアニア西部クライペダ港での液化二酸化炭素(CO2)輸出インフラ開発および水素生産プロジェクトの事業性の共同検討に関する覚書を締結したと発表…

関連国・地域: ノルウェーリトアニアアジア
関連業種: 運輸マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

リガ空港駅、月内に着工=バルト諸国で初(06/17)

イグニティス、傘下の再生エネ事業を統合(06/14)

リトアニア中銀、フィノリタの事業免許剥奪(06/11)

商船三井、液化CO2輸出など共同検討(06/01)

議会、シビルパートナーシップ法案を否決(05/26)

リトアニア、「17プラス1」脱退=中国離れ(05/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン