仏大統領「ルワンダ大虐殺で仏にも責任」

フランスのマクロン大統領は27日、ルワンダの首都キガリを訪問し、1994年に同国で起きたツチ人の大虐殺を巡り、フランスが虐殺を行ったフツ人の体制側を支援したことの責任を認めた。ルワンダとの関係正常化に向けた取り組みとみられている。同国のカガメ大統領はかねて、フランス…

関連国・地域: フランスアフリカ
関連業種: 政治


その他記事

すべての文頭を開く

仏、夜間外出禁止令撤廃を20日に前倒し(06/18)

マクロン大統領、欧州テック大手の育成表明(06/18)

パリ市長、次期大統領選への出馬を示唆(06/17)

イケアの仏部門、従業員の監視問題巡り罰金(06/17)

エジソン、再生エネ部門の株最大40%放出も(06/17)

韓国・SK傘下の仏社、遺伝子薬工場を新設(06/17)

ビベンディ、米サードポイントが出資拡大か(06/16)

スエズ、アリアテクノロジーズを買収(06/16)

仏インフレ率、5月は改定値も1.4%(06/16)

仏開発庁、越ハロン湾の環境保護に無償援助(06/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン