独当局、総選挙に向けたサイバー攻撃に警鐘

ドイツの連邦情報セキュリティー庁(BSI)は、ハッキングやデータ漏えいといったサイバー攻撃が増加傾向にあるとして警鐘を鳴らしている。アルネ・シェーンボーム長官は、9月の総選挙に影響を及ぼすために悪用される可能性があると懸念する。ドイチェ・ウェレが25日伝えた。 …

関連国・地域: ドイツ
関連業種: IT・通信政治


その他記事

すべての文頭を開く

ポルシェ、カスタムセルズとEV電池で合弁(06/22)

独フォスロシュバーベ、セルビアに生産集約(06/22)

タカラバイオ、ビオンテックと商業利用契約(06/22)

物流デジタル化フォート、SBなどが出資(06/22)

ZF、中国の商用車向け部品工場を稼働(06/22)

独、EU域外国のワクチン接種者の入国許可(06/21)

ルフトハンザ、ワクチン電子証明で搭乗可能(06/21)

生産者物価、5月は過去12年半超で伸び最大(06/21)

米アクセンチュア、アムラウト買収(06/21)

独北部で銃撃事件、2人死亡=犯人逃走(06/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン