• 印刷する

不動産大手2社が合併へ ボノビアとドイチェ・ボーネン

住宅不動産でドイツ最大手のボノビアは24日、同業ドイチェ・ボーネンを買収することで合意したと発表した。取引額は約180億ユーロ。欧州の不動産業界では、過去最大規模の買収案件となる。

ボノビアはドイチェ・ボーネン株1株当たり53.03ユーロを支払う。これは21日終値に約18%のプレミアムを上乗せした水準。両社はポートフォリオの共同管理により、年間1億500万ユーロのコスト削減を見込んでいるほか、合併完了後には最大80億ユーロ相当のライツイシューを計画している。また、2023年末までは人員削減をしない方針も明かしている。

ボノビアとドイチェ・ボーネンが所有・運営する物件は計50万件を超える。合併後は、住宅価格の高騰が深刻となっているベルリンで、約2万件のアパートを市政府に売却することを提案している。

ボノビアがドイチェ・ボーネンの買収を試みたのはこれで3回目。2015~16年2月の買収提案時は、株式公開買い付け(TOB)が取引成立の条件となる50%プラス1株に届かず失敗していた。

しかし、ドイツの連邦憲法裁判所が今年4月、ベルリン州政府が独自に施行していた「家賃凍結法」の無効判決を下したことで風向きが変わり、両社は合併に向けた取引を進めることで一致していた。


関連国・地域: ドイツ
関連業種: 建設・不動産

その他記事

すべての文頭を開く

経済成長率見通しを引き下げ 供給網混乱も影響=独5大研究所(10/15)

VW幹部、EV移行で3万人削減の報道否定(10/15)

独首相、国内企業にアジア事業の脱中国要求(10/15)

シーメンス、UAEの第4次産業革命を支援(10/15)

独アルディ、英で最も人気のスーパーに選出(10/15)

ベイワ、越に太陽光発電設備の倉庫新設(10/15)

VW、EV移行で3万人失職も=CEO(10/14)

独で大麻合法化議論が再燃=警察は警鐘(10/14)

BASF、飼料業界に携帯型の成分解析技術(10/14)

ユーロ圏の成長率予測引き上げ 仏やスペイン回復見込む=IMF(10/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン