JLR、コスト削減で損益分岐点引き下げ

インドの自動車大手タタ・モーターズ傘下の英国の高級車メーカー、ジャガー・ランドローバー(JLR)は、コスト削減戦略の推進により損益分岐点となる販売台数を3分の1引き下げたと明らかにした。損益分岐点の引き下げにより、市場の先行きが不透明で販売台数が伸びない時期で…

関連国・地域: 英国アジア
関連業種: 自動車・二輪車金融マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

TPP加盟へ正式交渉開始 英国、アジア地域との関係重視(06/23)

プレス・ガラス、欧州2工場に大型投資へ(06/23)

英首相「国外旅行の正常化は早くても来年」(06/23)

英航空業界、炭素削減の中間目標を公表(06/23)

EUや英国など、ベラルーシ当局者に制裁(06/23)

アストンマーティン、スイスの販売店を提訴(06/23)

財政赤字、5月は大幅縮小(06/23)

アラップ、香港の人工島計画の調査受注(06/23)

モリソン、買収提案を拒否 米PE企業が55億ポンド提示(06/22)

伊、ほぼ全域が低感染リスクゾーンに移行(06/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン