BASF、中国・杉杉能源と電池素材合弁

ドイツの化学大手BASFは20日、中国のリチウムイオン電池(LIB)向け素材メーカー、湖南杉杉能源科技(杉杉能源)と、同国で正極活物質(CAM)および前駆体(PCAM)の製造合弁会社を設立すると発表した。アジアで正極活物質メーカーとしての地位を強化し、中国や世界…

関連国・地域: ドイツアジア
関連業種: 自動車・二輪車化学その他製造マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

ポルシェ、カスタムセルズとEV電池で合弁(06/22)

独フォスロシュバーベ、セルビアに生産集約(06/22)

タカラバイオ、ビオンテックと商業利用契約(06/22)

物流デジタル化フォート、SBなどが出資(06/22)

ZF、中国の商用車向け部品工場を稼働(06/22)

独、EU域外国のワクチン接種者の入国許可(06/21)

ルフトハンザ、ワクチン電子証明で搭乗可能(06/21)

生産者物価、5月は過去12年半超で伸び最大(06/21)

米アクセンチュア、アムラウト買収(06/21)

独北部で銃撃事件、2人死亡=犯人逃走(06/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン