英仏社のワクチン、第2相治験で結果良好

フランスの製薬大手サノフィと英国の同業グラクソ・スミスクライン(GSK)は17日、開発中の新型コロナウイルスワクチンの第2相臨床試験で、全世代の成人において強い免疫反応が確認されたと発表した。数週間以内に第3相試験に入り、年内の承認獲得を見込む。 今回の治験には…

関連国・地域: 英国フランスEU
関連業種: 医療・医薬品


その他記事

すべての文頭を開く

欧州初の量子コンピューター、独で稼働開始(06/18)

EU、対ベラルーシ追加制裁で合意か(06/18)

「ゼロ汚染」達成に動くEU <連載コラム・環境フォーカス>第55回(06/18)

EU、米を入域許可国に追加 英国は変異株懸念でまた見送り(06/18)

欧州新車登録、5月は53.4%増加(06/18)

欧州委、スペインなどの復興計画を承認(06/18)

EU、復興基金の債券発行で大手10行除外(06/18)

欧州医薬品庁、露ワクチン承認判断に遅れ(06/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン