ロシア製ワクチン、比に1.5万回分が到着

フィリピン政府は13日、ロシア製の新型コロナウイルスワクチン「スプートニクV」1万5,000回分が新たに到着したと明らかにした。第1便と合わせて計3万回分が届いた格好。 ワクチンは12日夜、ニノイ・アキノ国際空港(NAIA)に到着した。フィリピン政府は同ワクチンを1,000…

関連国・地域: ロシアアジア
関連業種: 医療・医薬品社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

ステランティスとRZD、ジェフコを売却へ(06/24)

ガスプロムネフチ、コークス化設備を建設へ(06/23)

露中銀、金融オトクリティエのIPO計画(06/22)

エア・リキード、シベリア新工場が稼働(06/22)

モスクワで感染拡大=政府は未接種者を非難(06/21)

米露首脳会談、具体的前進少なく(06/18)

豪LNG、露との市場競争が激化も(06/18)

アステラス製薬、薬の製造販売承認を譲渡(06/18)

欧州医薬品庁、露ワクチン承認判断に遅れ(06/18)

露、外国人長期滞在者の指紋登録を義務化(06/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン