独サイバー犯罪、昨年8%増=コロナ便乗も

ドイツでの2020年のサイバー犯罪件数が10万8,474件となり、前年から7.9%増えていたことが、連邦刑事庁(BKA)が11日公表した報告書で明らかになった。偽ワクチンの販売や在宅勤務者を狙った犯罪など、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)に乗じたケースが目立つ…

関連国・地域: ドイツ
関連業種: IT・通信マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

DMG森精機の合弁、ブダペストに開発拠点(06/18)

欧州初の量子コンピューター、独で稼働開始(06/18)

アステラス製薬、薬の製造販売承認を譲渡(06/18)

キュアバックのワクチン、有効性わずか47%(06/18)

BMW、タイ販社がショールーム開設(06/18)

VW、EV電池の原材料供給で複数社と協議(06/17)

スペイン、15カ月ぶりに国際客船受け入れ(06/17)

ダイムラーとVW、時短勤務=半導体不足(06/17)

ZF、中国社と駐車支援システム開発で提携(06/17)

韓国、キュアバックにワクチン生産提案(06/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン