米フォード、独工場で時短勤務=半導体不足

米国の自動車大手フォード・モーターは、ドイツの2工場で生産体制を一時的に縮小すると発表した。半導体の供給が不足しているため。オートモーティブ・ニュース・ヨーロッパなどが伝えた。 フォードは、西部ケルン工場で5月3日~6月18日、および6月30日~7月9日に時短勤務…

関連国・地域: ドイツ米国
関連業種: 自動車・二輪車


その他記事

すべての文頭を開く

欧州初の量子コンピューター、独で稼働開始(06/18)

DMG森精機の合弁、ブダペストに開発拠点(06/18)

アステラス製薬、薬の製造販売承認を譲渡(06/18)

キュアバックのワクチン、有効性わずか47%(06/18)

BMW、タイ販社がショールーム開設(06/18)

スペイン、15カ月ぶりに国際客船受け入れ(06/17)

VW、EV電池の原材料供給で複数社と協議(06/17)

ダイムラーとVW、時短勤務=半導体不足(06/17)

ZF、中国社と駐車支援システム開発で提携(06/17)

韓国、キュアバックにワクチン生産提案(06/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン