露ワクチン、フィリピンに1回目の供給

ロシアが開発した新型コロナウイルスワクチン「スプートニクV」の第1便が1日、フィリピンのニノイ・アキノ国際空港(NAIA)に到着した。1万5,000回分で、医療従事者などが接種を受けるとみられる。 スプートニクVはロシアのガマレヤ記念国立疫学・微生物学研究センターが…

関連国・地域: ロシアアジア
関連業種: 医療・医薬品社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

露のウクライナ侵攻で新ガス導管停止も(12/09)

RWE、脱炭素化に向け露ノバテクと提携(12/09)

露4地域、サハリン州に続き炭素取引に関心(12/08)

ロシア新車販売、11月は20.4%減少(12/08)

越ベトジェット、モスクワ直行便を初就航へ(12/08)

越T&T、露ワクチンを国内生産へ(12/07)

露、対ウクライナで9万人規模の軍隊配備か(12/06)

OPECプラス、増産計画を維持(12/06)

露政府、飯田グループの林業RFP買収承認(12/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン