• 印刷する

欧米製ワクチンの偽情報拡散 露中、不信感あおるワクチン外交

欧州連合(EU)の欧州対外活動庁(EEAS)は28日、ロシアと中国がソーシャルメディアを通じて、欧米の新型コロナウイルスワクチンへの不信感をあおるキャンペーンを展開しているとの報告書を公表した。自国が開発したワクチンを世界各国に売り込む「ワクチン外交」の一環としている。

EEASは、偽ニュースの拡散を防止し、米国のインターネット検索エンジン大手グーグルや、ソーシャルメディア大手のフェイスブック(FB)およびツイッター、マイクロソフト(MS)などの協力を得るために、定期的に報告書を公表している。

今回の報告書によると、ロシアと中国の国営メディアは昨年12月~今年4月の間に、欧州でのワクチン接種と死亡を根拠もなく関連付ける偽ニュースを各国語でオンライン配信し、欧州のワクチンの安全性への不安をあおるとともに、ロシアや中国の国産ワクチンの優越性を示そうとした。

中でも、英製薬大手アストラゼネカのワクチン供給遅延や、同社製と米ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)製ワクチンのごくまれな副反応が偽情報に利用されるケースが目立ったという。

EEASは、「ロシアと中国のワクチン外交はゼロサムゲームの理論にのっとり、欧米製のワクチンへの信頼を損なわせるために、偽情報と情報操作を利用している」と指摘している。

ロイター通信によると、これに対し中国の駐EU代表団は、「事実的根拠のない偽情報の報告書は、それ自体が偽情報だ」と反論。ロシアもこうした偽情報キャンペーンの事実を否定している。


関連国・地域: EUロシアアジア
関連業種: 医療・医薬品IT・通信メディア・娯楽社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

ロレアルなど、美容製品の環境負荷を評価へ(09/21)

【今週の主な予定】9月20~24日(09/20)

ヤラ、アンモニア生産を縮小=ガス高騰受け(09/20)

台湾、EUに通商交渉の早期開始を要請(09/20)

ユーロ圏インフレ率、8月は3%=改定値(09/20)

ユーロ圏求人率、第2四半期は2.3%(09/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン