CGGベリタス、越社と地震探査の合弁設立

ベトナム国営のベトナム石油ガスグループ(ペトロベトナム)傘下、ペトロベトナム技術サービス総公社(PTSC)は14日、原油・天然ガス探査大手のCGGベリタスと合弁会社の設立式典を執り行った。16日付国営ベトナム通信が伝えた。

新会社「PTSC―CGGVジオフィジカル・サーベイ」は、ベトナム国内外で2次元および3次元海上地震探査サービスを提供する。

PTSCは先に、ミャンマーで2次元地震探査サービスを開始している。今回CGGベリタスと手を組むことで、ブランド力の向上や域内市場での事業拡大につながると期待される。

PTSC―CGGVはこの機に、同じくペトロベトナム傘下のペトロベトナム・エクスプロレーション&プロダクション(PVEP)のミャンマー事業と3次元地震探査の契約を交わした。【NNAインドシナ】


関連国・地域: フランスアジア
関連業種: 天然資源商業・サービス

その他記事

すべての文頭を開く

ルノー、通期は47%増益 取締役会がゴーンCEO再任(02/19)

ユーロ圏貿易収支、12月は黒字縮小(02/19)

食品ダノン、通期は42.6%増益(02/19)

フランス電力公社、通期は11.3%増益(02/19)

欧州委、リンデとプラクスエアの合併を調査(02/19)

「最も倫理的な企業」に欧州から17社(02/19)

IAG、航空旅客税の廃止を議会に要請(02/19)

航空エールフランスKLM、通期は赤字転落(02/19)

自動車部品フォルシア、通期は34%増益(02/19)

エアバス、通期は大幅増益 軍用輸送機巡る特別損失計上も(02/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン