• 印刷する

CGGベリタス、越社と地震探査の合弁設立

ベトナム国営のベトナム石油ガスグループ(ペトロベトナム)傘下、ペトロベトナム技術サービス総公社(PTSC)は14日、原油・天然ガス探査大手のCGGベリタスと合弁会社の設立式典を執り行った。16日付国営ベトナム通信が伝えた。

新会社「PTSC―CGGVジオフィジカル・サーベイ」は、ベトナム国内外で2次元および3次元海上地震探査サービスを提供する。

PTSCは先に、ミャンマーで2次元地震探査サービスを開始している。今回CGGベリタスと手を組むことで、ブランド力の向上や域内市場での事業拡大につながると期待される。

PTSC―CGGVはこの機に、同じくペトロベトナム傘下のペトロベトナム・エクスプロレーション&プロダクション(PVEP)のミャンマー事業と3次元地震探査の契約を交わした。【NNAインドシナ】


関連国・地域: フランスアジア
関連業種: 天然資源サービス

その他記事

すべての文頭を開く

欧州新車登録、5月は0.1%増加(06/19)

マルタ航空、API活用で18年ぶり黒字(06/19)

【欧州企業よもやま話】第282回:テイラーズ・ポート 英国商人が育んだポートワイン(06/19)

石油トタル、スパコン性能で業界首位に(06/19)

サノフィ、データ技術でグーグルと提携(06/19)

高級ブランドのシャネル、通期は16%増益(06/19)

川崎汽船、エアバス系企業の船舶用凧を採用(06/19)

金融11行、海運業界の脱炭素化への枠組合意(06/19)

スペイン、独仏の新型戦闘機開発に参画(06/19)

ロクシタン、通期の香港事業は9.9%増収(06/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン