テムズ河口空港の建設計画、意見公募実施か

テムズ河口に新たな国際空港を建設するプロジェクトについて、政府が3月にも意見公募手続きの開始を公表するもようだ。BBC電子版が18日伝えた。

同プロジェクトはボリス・ジョンソン・ロンドン市長が提言したもので、河口に人工島の建設が計画されていることから、通称「ボリスアイランド」と呼ばれる。政府はこれについていかなる方針も示していないが、閣僚らは世界的な航空ハブ(運航拠点)としての英国の地位を守るため、すべての選択肢について検討するよう求めている。

キャメロン首相はこれまで、ロンドン・ヒースロー空港をこれ以上拡大しないとの立場を明確にしている。一方、連立を組む自民党のクレッグ副首相は、テムズ河口への空港新設には反対しているものの、意見公募については容認する構えだ。

テムズ河口空港をめぐっては、建設予定地の周辺が渡り鳥の中継地であるため、環境保護の立場から反対の声が上がっている。ヒースロー空港を運営するBAAのコリン・マシューズ最高経営責任者(CEO)は、「ロンドンが2つのハブ空港を持つのは無理」とした上で、ヒースローが閉鎖されるような事態になれば10万人の雇用に影響が出るなど、経済的にも政治的にも大きな問題となると指摘している。

大ロンドン庁(GLA)は先に、ロンドン周辺の航空需要についての試算を発表。昨年の利用者数は1億4,000万人だったが、これが2050年には4億人まで増加すると予想している。[環境ニュース]


関連国・地域: 英国
関連業種: 経済一般・統計建設・不動産運輸・倉庫社会・事件雇用・労務政治

その他記事

すべての文頭を開く

保険ゼネラリ、子会社2社を英社に売却(07/20)

<連載コラム・環境フォーカス>第26回 英国のEU離脱方針、環境規制に大混乱も(07/20)

コンチネンタルが組織再編 パワートレイン部門を上場へ(07/20)

ユニリーバ、2.4%減益 ストの影響で中南米落ち込む(07/20)

エアバス、衛星機能持つ太陽光ドローン公開(07/20)

小売売上高、6月は0.5%減少(07/20)

スポーツダイレクト、通期は12%増益(07/20)

グリーナジー、蘭のバイオ燃料工場を取得(07/20)

レストランのガウチョ、管財人の管理下に(07/20)

イージージェット、仏で航空スト巡り提訴(07/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン