昨年の乗用車生産、5.8%増:輸出向けが記録的水準に

自動車製造取引業者協会(SMMT)は19日、2011年の乗用車生産台数が134万3,810台となり、前年比5.8%増加したと発表した。輸出向けの生産が記録的な水準に達したことが全体を押し上げた。メーカー別では、日産自動車が1年前に自ら達成した過去最多記録を更新しトップに立っている。

輸出向けは112万4,676台と17%増えた。生産台数全体に占める割合は83.7%。一方、国内向けは21万9,134台と、29.1%落ち込んでいる。

商用車の生産台数は12万1,312台で、1.4%縮小。輸出向けは18.9%減ったが、国内向けは35.6%伸びた。エンジンは全体で250万4,054基と、4.9%増加している。

昨年12月単月の乗用車生産台数は9万5,798台で、前年同月比1.6%拡大。うち輸出向けと国内向けがそれぞれ0.6%、7.7%伸びた。商用車は8,446台で、2.7%減っている。エンジンは全体で1.3%減の15万1,412台だった。

SMMTのポール・エベリット事務局長は、「車両とエンジンの生産が引き続き英国の製造業の回復を支えている」と指摘。その上で、「国内のサプライチェーン全体が最大限に機能するよう、企業と政府が協力することが肝心だ」と述べている。

■日産の生産台数は13.5%増

メーカー別生産台数は、日産が48万485台を組み立て首位に立った。英高級車メーカー、ジャガー・ランドローバー(JLR)の「ランドローバー」ブランドが、33%増の23万8,237台でこれに続く。3番手につける独BMWの「ミニ」は、11.5%減の19万1,474台だった。

他の日本勢では、トヨタが12万8,146台と6.5%減少したほか、ホンダは9万7,459台で、3割の大幅減となっている。


関連国・地域: 英国ドイツアジア
関連業種: 経済一般・統計自動車・二輪車製造一般

その他記事

すべての文頭を開く

パディー・パワー、米事業を米社と統合(05/25)

EU離脱後の通関費用、年間200億ポンドも(05/25)

小売売上高、4月は1.6%増加(05/25)

イラン、英独仏に核合意維持の条件提示(05/25)

LVMH、英ファッション検索サイトに出資(05/25)

生産者物価、4月は2.7%上昇(05/25)

競争力ランキング、欧州首位はオランダ(05/25)

GFG、豪VIC州にEV製造拠点を建設か(05/25)

資源リオ、インドネの鉱山の権益売却を否定(05/25)

インフレ率、2.4%に減速 2017年3月以降で最低(05/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン