ギリシャ、2025年に石炭火発から脱却へ

ギリシャで、同国最後の褐炭火力発電所が2025年に稼動を停止する計画だ。石炭火力発電からの完全脱却時期を、従来予定の28年から3年ほど前倒しする格好。環境・エネルギー省の高官の発言を元に、欧州連合(EU)政策専門サイトのユーラクティブが26日伝えた。 それによると、政…

関連国・地域: ギリシャ
関連業種: 天然資源電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

アテネでワクチン接種反対デモ=1500人参加(07/23)

EU、トルコのキプロス2カ国統治案拒否(07/22)

ギリシャ、屋内飲食にワクチン証明義務付け(07/15)

TAP、アルバニアにガス供給ポイント(07/12)

ギリシャ、クレタ島の海底送電線が開通(07/06)

ユーロバンク、セルビア事業が地場行と合併(07/02)

アテネ郊外の空港跡地開発、7年遅れで始動(06/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン