• 印刷する

独6社、EV充電プラットフォームで提携へ

高級車メーカーのBMWとダイムラーなど独6社は、電気自動車(EV)の普及に向け、充電をよりスムーズに行うためのプラットフォームを構築する内容の覚書(MOU)を結んだ。これにより、EV保有者は共通の課金システムなどが利用できるようになるという。ベルゼン・ツァイトゥングが23日伝えた。

提携には両社のほか、電力大手RWEとEnBWが参加。自動車部品大手ロバート・ボッシュと総合電機大手シーメンスは充電設備の設置と課金システムの管理を手掛ける。これら6社は共同で、EV充電に関するデータ交換などが行えるプラットフォームの共通化を目指す。[環境ニュース]


関連国・地域: ドイツ
関連業種: 自動車・二輪車その他製造金融電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

VWとフォード、戦略的提携を正式発表(01/16)

【欧州企業よもやま話】第271回:リドル 果物店から格安スーパーの雄に(01/16)

PSAの販売台数、通期は6.8%増加(01/16)

米EVテスラ、ワルシャワに現地法人設立(01/16)

経済成長率、1.5%に減速 2018年は過去4年で最低水準(01/16)

米フォード、英での人員削減数は1千人超か(01/16)

メルケル首相、炭鉱抱える各州の首長と協議(01/16)

ユーロ圏貿易収支、11月は黒字縮小(01/16)

コンチネンタル、中国のタイヤ工場を拡張(01/16)

化石燃料への補助金、EU最多は英国(01/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン