• 印刷する

独6社、EV充電プラットフォームで提携へ

高級車メーカーのBMWとダイムラーなど独6社は、電気自動車(EV)の普及に向け、充電をよりスムーズに行うためのプラットフォームを構築する内容の覚書(MOU)を結んだ。これにより、EV保有者は共通の課金システムなどが利用できるようになるという。ベルゼン・ツァイトゥングが23日伝えた。

提携には両社のほか、電力大手RWEとEnBWが参加。自動車部品大手ロバート・ボッシュと総合電機大手シーメンスは充電設備の設置と課金システムの管理を手掛ける。これら6社は共同で、EV充電に関するデータ交換などが行えるプラットフォームの共通化を目指す。[環境ニュース]


関連国・地域: ドイツ
関連業種: 自動車・二輪車その他製造金融電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

シーメンス・エナジーが上場 時価総額は約160億ユーロ(09/29)

ボンバルディア、ブルガリアに現地法人設立(09/29)

政府、放射性廃棄物の地層処分候補地を公表(09/29)

ダイムラー、ツェッチェ前CEOが会長辞退(09/29)

コメルツ銀、新CEOにドイツ銀幹部を指名(09/29)

スーパーのアルディ、英で13億ポンド投資へ(09/29)

フォード、5億ユーロの政府保証融資を申請(09/29)

メルケル首相、ナワリヌイ氏と退院前に面会(09/29)

BMW、南ア社とEV充電運営で提携(09/29)

BASF、中国・南京拠点でNPGを増産(09/29)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン