• 印刷する

独6社、EV充電プラットフォームで提携へ

高級車メーカーのBMWとダイムラーなど独6社は、電気自動車(EV)の普及に向け、充電をよりスムーズに行うためのプラットフォームを構築する内容の覚書(MOU)を結んだ。これにより、EV保有者は共通の課金システムなどが利用できるようになるという。ベルゼン・ツァイトゥングが23日伝えた。

提携には両社のほか、電力大手RWEとEnBWが参加。自動車部品大手ロバート・ボッシュと総合電機大手シーメンスは充電設備の設置と課金システムの管理を手掛ける。これら6社は共同で、EV充電に関するデータ交換などが行えるプラットフォームの共通化を目指す。[環境ニュース]


関連国・地域: ドイツ
関連業種: 自動車・二輪車その他製造金融電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

英国の離脱案「機能しない」 10月の進展が焦点=EU首脳会議(09/21)

VW、イランから撤退か=米政府の説得で(09/21)

サンタンデールUK、一部資産を本体に移管(09/21)

実質賃金、第2四半期は0.5%上昇(09/21)

アストンマーティン、IPOの仮条件設定(09/21)

起業支援ロケット、上半期は黒字化達成(09/21)

アウディ、初の市販EV披露=30分で充電(09/21)

ポルシェなど、ARディスプレー企業に出資(09/21)

VW、次世代EVプラットフォームを初公開(09/21)

ドイツ、EV普及百万台は2022年に遅延も(09/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン