ソフトウェアAG、昨年通期はわずかに増益

ソフトウエア開発で独2位のソフトウェアAGが24日発表した2011年の決算は純利益が1億7,720万ユーロとなり、前年比0.9%のわずかな増益となった。景気低迷の逆風が吹く中、企業の業務プロセス改善ソフトの好調が幸いした。

売上高は10億9,830万ユーロで、1.9%の微減だった。このうち、組織の業務プロセス改善を対象とするビジネス・プロセス・エクセレンス部門が5.7%増の5億2,780万ユーロと大きく伸びている。データ管理などのエンタープライズ・トランザクション・システムズ部門は8.9%落ち込み、3億8,130万ユーロにとどまった。コンサルティングングのIDSコンサルティング部門は5.5%減の1億8,920万だった。


関連国・地域: ドイツ
関連業種: 経済一般・統計IT・通信商業・サービス

その他記事

すべての文頭を開く

スケルトン、タリンから独東部へ工場移転(07/20)

電力フォータム、第2四半期は29%増益(07/20)

ルクソフト、ダイムラー傘下の独同業と提携(07/20)

コンチネンタルが組織再編 パワートレイン部門を上場へ(07/20)

独のテスラ「モデルS」購入者、補助金返還(07/20)

イノジー、エーオンとRWEの資産交換に合意(07/20)

グリーナジー、蘭のバイオ燃料工場を取得(07/20)

BASF、ベルギーの3D印刷技術社に投資(07/20)

企業ソフトSAP、第2四半期は8%増益(07/20)

BMW、インドネシア工場に追加投資へ(07/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン