• 印刷する

ソフトウェアAG、昨年通期はわずかに増益

ソフトウエア開発で独2位のソフトウェアAGが24日発表した2011年の決算は純利益が1億7,720万ユーロとなり、前年比0.9%のわずかな増益となった。景気低迷の逆風が吹く中、企業の業務プロセス改善ソフトの好調が幸いした。

売上高は10億9,830万ユーロで、1.9%の微減だった。このうち、組織の業務プロセス改善を対象とするビジネス・プロセス・エクセレンス部門が5.7%増の5億2,780万ユーロと大きく伸びている。データ管理などのエンタープライズ・トランザクション・システムズ部門は8.9%落ち込み、3億8,130万ユーロにとどまった。コンサルティングングのIDSコンサルティング部門は5.5%減の1億8,920万だった。


関連国・地域: ドイツ
関連業種: IT・通信サービスマクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

独、ガス供給巡りトラフィギュラに融資保証(12/06)

VW、新ソフト戦略を監査役会に提示へ(12/06)

独リリウム、英市場に参入=現地社と提携(12/06)

BMW、銅採掘技術の米ジェッティに出資(12/06)

BMW、航続距離3割増しの次世代セル開発(12/06)

VW傘下のカリアド、パラゴンの子会社買収(12/06)

独の移民流入、今年は120万人で記録更新も(12/06)

独経済省、中国への貿易依存脱却を提案(12/05)

独、露産石油からの脱却でポーランドと協力(12/05)

ウニクレディト、伊社員に一時金=物価対策(12/05)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン