金融政策の現状維持は全会一致=中銀の議事録

英中銀イングランド銀行による1月の金利と資産購入規模の据え置きは、前月に続き全会一致の決定だったことが、25日に公開された金融政策委員会(MPC)の議事録で明らかになった。

同行は11~12日に開いたMPCで、政策金利を過去最低の0.5%に据え置くことを決定。同時に、金融資産買い取りによる量的金融緩和策の規模も現状の2,750億ポンドに維持することを決めた。

一部の委員からは、インフレ率が目標値の2%を下回る可能性が出てきたため、「資産購入規模の拡大が必要となる見込みが強い」との意見も出た。一方で、「インフレリスクのバランスは微妙。中期的に見て目標値を下回るかどうかは不透明」との反対意見もあった。この結果、現行の資産買い取りプログラムが終了する前に、規模を拡大する必然性はないとの結論に至った。政府統計局(ONS)によると、昨年12月のインフレ率は4.2%と、3カ月連続で減速している。


関連国・地域: 英国
関連業種: 経済一般・統計金融・保険商業・サービス政治

その他記事

すべての文頭を開く

パディー・パワー、米事業を米社と統合(05/25)

EU離脱後の通関費用、年間200億ポンドも(05/25)

小売売上高、4月は1.6%増加(05/25)

イラン、英独仏に核合意維持の条件提示(05/25)

LVMH、英ファッション検索サイトに出資(05/25)

生産者物価、4月は2.7%上昇(05/25)

競争力ランキング、欧州首位はオランダ(05/25)

GFG、豪VIC州にEV製造拠点を建設か(05/25)

資源リオ、インドネの鉱山の権益売却を否定(05/25)

インフレ率、2.4%に減速 2017年3月以降で最低(05/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン