• 印刷する

金融政策の現状維持は全会一致=中銀の議事録

英中銀イングランド銀行による1月の金利と資産購入規模の据え置きは、前月に続き全会一致の決定だったことが、25日に公開された金融政策委員会(MPC)の議事録で明らかになった。

同行は11~12日に開いたMPCで、政策金利を過去最低の0.5%に据え置くことを決定。同時に、金融資産買い取りによる量的金融緩和策の規模も現状の2,750億ポンドに維持することを決めた。

一部の委員からは、インフレ率が目標値の2%を下回る可能性が出てきたため、「資産購入規模の拡大が必要となる見込みが強い」との意見も出た。一方で、「インフレリスクのバランスは微妙。中期的に見て目標値を下回るかどうかは不透明」との反対意見もあった。この結果、現行の資産買い取りプログラムが終了する前に、規模を拡大する必然性はないとの結論に至った。政府統計局(ONS)によると、昨年12月のインフレ率は4.2%と、3カ月連続で減速している。


関連国・地域: 英国
関連業種: 金融小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

独政府、5G網のセキュリティー厳格化も(01/21)

離脱協定の大幅変更を拒否 メイ首相、野党の要望に応じず(01/21)

エンプラス、デリパスカ氏の出資率引き下げ(01/21)

ポルトガル、空港に英国人向けの特別レーン(01/21)

仏政府、ハードブレグジット対策を発動(01/21)

小売売上高、12月は0.9%減少(01/21)

SWM、二輪車を印で値引き販売(01/21)

ソジェン、南アフリカ事業を売却(01/21)

蘭フィリップス、イングランドの工場閉鎖へ(01/21)

AFCエナジー、水素燃料のEV充電器導入(01/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン