検察当局、野鳥の感電死巡りエンデサを起訴

スペイン・バルセロナの検察当局は、大量の鳥が架空送電線で感電死したことを巡り、同国の電力大手エンデサを環境と野生動物保護違反の疑いで起訴した。フランス通信(AFP)が7日伝えた。 検察当局は、エンデサが電線や鉄塔の適切な絶縁措置を怠ったため、送電線が鳥にとって…

関連国・地域: スペイン
関連業種: 電力・ガス・水道


その他記事

すべての文頭を開く

スペイン議会、気候変動法案を可決(05/17)

配達グロボ、スロベニア食事宅配会社を買収(05/14)

カタルーニャ州、独立派が政権樹立に苦戦(05/14)

スペイン、コロナ死者数が1月末から9割減(05/14)

スペイン、英渡航者の検査義務撤廃を計画(05/13)

米テスラ創業者、衛星通信でスペイン進出(05/13)

スペイン、大半の地域で夜間外出規制が解除(05/11)

人口当たり代替肉消費、欧州首位はオランダ(05/11)

大和エナジー・インフラ、スペイン社に出資(05/10)

マドリード州議選、州首相率いる国民党勝利(05/06)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン