• 印刷する

新車登録台数、3月は11.5%増加

自動車製造取引業者協会(SMMT)は6日、3月の英国の新車登録台数が28万3,964台となり、前年同月比11.5%増加したと発表した。昨年8月以降で初のプラスとなったが、1年前は最初のロックダウン(都市封鎖)の導入により大きく落ち込んでいたため、この反動が大きい。

3月は個人向けが4.1%減少した半面、フリート向けは28.7%、法人向けは18.6%それぞれ伸びた。燃料別ではディーゼル車が31.4%縮小し、ガソリン車は10%減っている。代替燃料車(AFV)のうち、ハイブリッド車(HV)は42%増え、プラグインハイブリッド電気自動車(PHEV)は2.5倍超に拡大。バッテリー式EV(BEV)は88.2%上向いた。マイルドハイブリッドシステム搭載車では、ディーゼル車とガソリン車が共に2.5倍弱に伸びている。

新車登録台数をメーカー別に見ると、英国車はインドのタタ・モーターズが展開するジャガーが19.1%落ち込んだ一方、姉妹ブランドのランドローバーは21.8%伸びた。欧米ステランティス傘下のボクソールは27.2%上向いている。

ドイツ勢を見ると、フォルクスワーゲン(VW)は、VWブランドが3.3%増え、傘下のアウディは16.3%拡大した。高級車ではBMWが19.8%、メルセデス・ベンツが25.5%それぞれプラスとなった。

フランス車はルノーが1.8%増加。欧米ステランティス傘下のプジョーは55%、姉妹ブランドのシトロエンは52.6%それぞれ伸びている。米フォードは1年前を17.1%上回った。

日系メーカーは、トヨタ自動車(レクサス除く)が10.1%のプラス。スバルは43.3%、日産自動車は13.2%それぞれ拡大した。半面、三菱自動車は37.9%縮小。ホンダは34%下向き、スズキは15.3%落ち込んでいる。マツダは3.2%のマイナスだった。韓国勢は現代自動車が24.5%増となったが、傘下の起亜は13.4%減っている。

SMMTのマイク・ホーズ最高経営責任者(CEO)は、昨年は近代で最も厳しい年となり、自動車業界も大きな打撃を受けたが、ショールームの再開を目前に控え、消費者信頼感と市場の回復への期待が高まっているとコメント。1年前の落ち込みの反動から、4月は記録的な伸びを見せると予想している。一方で、堅固で持続可能な市場を実現するには、安全なショールーム環境の中で、選択肢と競争力のある提案を業界が提供し、それに顧客が応えることが重要との考えを示した。また、新型のプラグインモデルは既に回復要因となっているが、より多くの消費者に切り替えを促進するためには、充電インフラの拡充なども含め、消費者のニーズに沿ったものであることを保証する必要があると強調した。


関連国・地域: 英国
関連業種: 自動車・二輪車マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

英財務相、補正予算案発表 大型減税で経済成長2.5%目指す(09/26)

鉄道労組RMT、10月8日にスト計画(09/26)

家具メード・ドットコム、身売りを検討(09/26)

オクトパス、英風力発電所の権益追加取得(09/26)

GfK消費者信頼感、9月は過去最低(09/26)

欧州政治共同体、初会合に英・トルコも招待(09/26)

英中銀、連続で大幅利上げ 第3四半期にリセッション入りも(09/23)

BT、10月に4回のスト=緊急通報にも影響(09/23)

通信当局、米3社のクラウドサービスを調査(09/23)

セインズベリー、英南部18店舗の売却で合意(09/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン