ロシアと中国、スエズ運河座礁事故で恩恵も

エジプトのスエズ運河で大型コンテナ船が座礁し通航が一時停止した事故により、ロシアと中国が恩恵を受ける可能性がある。両国が共に、アジアと欧州をつなぐ代替ルートを提案しているため。仏経済学者の分析を元に、タス通信が3月31日伝えた。 欧米を中心に開発されたスエズ運河…

関連国・地域: ロシアアジア中東欧州
関連業種: 運輸マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

ステランティスとRZD、ジェフコを売却へ(06/24)

ガスプロムネフチ、コークス化設備を建設へ(06/23)

露中銀、金融オトクリティエのIPO計画(06/22)

エア・リキード、シベリア新工場が稼働(06/22)

モスクワで感染拡大=政府は未接種者を非難(06/21)

米露首脳会談、具体的前進少なく(06/18)

豪LNG、露との市場競争が激化も(06/18)

アステラス製薬、薬の製造販売承認を譲渡(06/18)

欧州医薬品庁、露ワクチン承認判断に遅れ(06/18)

露、外国人長期滞在者の指紋登録を義務化(06/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン