• 印刷する

デリバルーがロンドン上場 時価総額76億ポンドの大型案件

食事宅配サービスの英デリバルー(Deliveroo)は3月31日、ロンドン証券取引所(LSE)で上場した。新規株式公開(IPO)価格は仮条件の下限の390ペンスに設定されたが、時価総額は75億9,000万ポンドと、ロンドンでの上場案件としては過去10年で最大規模となった。

同社は総発行株式の21.3%を上場し、約15億ポンドを調達した。2種類の株式を発行する制度を採用し、創業者のウィル・シュー最高経営責任者(CEO)の持ち株6.2%の議決権は1株当たり20を付与する一方、その他の株では1株当たり1としている。

シュー氏は上場に際して「引き続きイノベーションに投資し、レストランや食料品店の事業を成長させ、利用者にこれまで以上の選択肢と、配達員に多くの仕事を提供していく」と述べている。

この日は機関投資家だけの取引だったが、株価は最大30%下がり、初日終値は14%低い284ペンスだった。一般投資家の取引は4月7日からとなる。

デリバルーは昨年、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的流行)を受けた顧客数と利用頻度の増加で、売上高は12億ポンドと54%伸びた。ただ配達員の位置付けが、各国で問題となっている。イタリアでは先に、ミラノの検察当局がデリバルーをはじめ食事宅配サービスを手掛ける事業者4社に、配達員を従業員として雇用契約を結ぶよう命じた。また英国では、最高裁判所がウーバーの配車サービスの登録ドライバーを従業員と認め、法定最低賃金や有給休暇の保証を同社に求める判決を下しており、デリバルーもビジネスモデルの見直しを迫られている。


関連国・地域: 英国イタリア
関連業種: 金融運輸IT・通信サービス

その他記事

すべての文頭を開く

DSスミス、ルーマニア工場のエコ化に投資(05/07)

英、各地で地方選の投票 19年の総選挙以降で最大規模(05/07)

英、駐英EU大使に完全な外交的地位を付与(05/07)

英総合PMI確定値、4月も分岐点超え(05/07)

英中銀、政策金利を0.1%に据え置き(05/07)

保険アビバ、トルコ事業の売却完了(05/07)

石油シェル、チュニジア上流事業から撤退へ(05/07)

ジャージー島、英仏間の漁業権争いの舞台に(05/07)

ニコン、英のDNA解読装置メーカーと協業(05/07)

英大手50社、大半はフルタイム出社計画せず(05/07)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン