伊ワクチン工場、EU域外輸出の疑い解消

英国の製薬大手アストラゼネカがイタリアで製造した新型コロナウイルスワクチンが欧州連合(EU)域外に輸出される可能性があるとの報道を巡り、当局が工場への立ち入り調査を実施した。この結果、問題とされたワクチンが工場内に保管されていることが確認され、疑いは解消された…

関連国・地域: 英国EUイタリア
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

ドラギ伊首相、給与受け取りを辞退(05/17)

イタリア鉱工業生産、3月は0.1%低下(05/17)

伊ピアジオ、印で店舗網を拡大(05/17)

欧州委、伊のアリタリア4度目の支援を承認(05/14)

伊当局、独占的地位乱用で米グーグルに罰金(05/14)

イタリア情報機関トップに初の女性(05/14)

服飾ブランディーメルビル、香港初の路面店(05/14)

メディオバンカ「ウニクレディト合併ない」(05/13)

二輪車ピアジオ、印で輸出に注力(05/13)

ティッセンクルップ、水素事業のIPO検討(05/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン