• 印刷する

ワクチン輸出管理の強化提案 欧州委、相手国の接種率など考慮

欧州委員会は24日、欧州連合(EU)域内で製造された新型コロナウイルスワクチンの域外向け輸出の事前承認制度をさらに厳格化する案を公表した。輸出相手国のワクチン普及率とワクチン輸出状況を審査項目に加える。域内向けのワクチン供給を確保するためで、英国や米国向けの輸出が制限される可能性がある。

この案によると、欧州委やEU加盟各国は今後、ワクチン輸出の承認審査に当たり、相手国がワクチンやワクチン原材料の輸出を法律やその他の手段で制限しているかどうか、相手国の感染状況やワクチン接種率、ワクチンの調達状況がEUより良好かどうかの2点も考慮する。この案は3月25~26日のEU首脳会議(サミット)で承認される見通し。

欧州委は、英国の製薬大手アストラゼネカや米国のファイザーとドイツのバイオ医薬品会社ビオンテックからの供給遅延を背景に、1月末にワクチン輸出の事前承認制度を導入。3月にはこの制度に基づき、アストラゼネカがイタリアで製造したワクチンのオーストラリアへの輸出が差し止められていた。

欧州委は今回、この制度の導入以降に申請が却下されたのはこの1件のみで、残りの380件の輸出申請は承認されたとしている。この結果、EUからは33カ国・地域に約4,300万回分のワクチンが輸出され、中でも英国には最多の約1,090万回分が輸出されたという。

フォンデアライエン欧州委員長は、「加盟各国が感染第3波に襲われ、契約した供給量を守らないワクチンメーカーもある中、EUはワクチンを製造する先進国の中で唯一、多数の国に大量のワクチンを輸出している」とした上で、こうした姿勢は一方的なものであってはならないと指摘。「われわれはEU市民向けに早急に十分な量のワクチンを確保する必要がある」としている。

ミシェルEU大統領は先に、英国と米国はEU以上に厳格に「ワクチンやワクチンの原材料の輸出を禁止している」とコメント。これに対し英政府は、国内で製造されたワクチンや原料の海外への供給を阻止したことはないと抗議していた。ただ、同国からの出荷内容や供給先に関する情報は明らかにされていない。


関連国・地域: 英国EU米国
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済政治

その他記事

すべての文頭を開く

【今週の主な予定】4月12~16日(04/12)

EUのコロナワクチン輸出は日本が最多(04/12)

トルコ、欧州委員長の扱い巡り批判殺到(04/12)

電気トラック、化石燃料と価格競争に現実味(04/12)

トヨタ、ゼロ排出列車にFCモジュール提供(04/12)

バッテリー技術の進歩追うEU新規制 <連載コラム・環境フォーカス>第53回(04/09)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン