ドイツ銀、アジアでECM事業を再構築か

ドイツの金融最大手ドイツ銀行は、アジア地域における企業の株式引受業務を行うエクイティー・キャピタル・マーケット(ECM)事業に再び参入するため、体制を構築する計画を進めているもようだ。世界的に新規株式公開(IPO)による資金調達が増え、需要が拡大していることが…

関連国・地域: ドイツアジア
関連業種: 金融


その他記事

すべての文頭を開く

コメルツ銀、ハンガリー事業売却に着手か(04/12)

VWのポーランド工場、9月末まで生産停止(04/12)

ドイツ、露とワクチン交渉 供給遅延打開に向け二国間協議(04/12)

ウクライナ東部で軍と親露派の緊張高まる(04/12)

鉱工業生産、2月は1.6%減少(04/12)

貿易収支、2月は黒字縮小(04/12)

デリバリー・ヒーロー、グロボに追加出資(04/12)

メルセデス、1~3月の印販売は34%増(04/12)

チェコ保健相、コロナ以降で3度目の交代(04/09)

オンライン食品販売Oda、2.2億ユーロを調達(04/09)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン