アイスランドの火山が800年ぶりに噴火

アイスランドの首都レイキャビク近郊にある火山が19日夜、約800年ぶりに噴火し、噴火口一帯が溶岩に覆われた。当初は立ち入りが禁止されていたものの、20日午後に解禁されると、見物客や研究者が殺到。溶岩でソーセージを焼く姿も見られ、ソーシャルメディアには赤く輝く溶岩の写真…

関連国・地域: アイスランド
関連業種: マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

インスランズバンキ、IPOで政府株放出(06/17)

アイスランドの氷河面積、20年間で7%減少(06/02)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン