ベルギー、渡航禁止措置を4月18日で解除

ベルギー政府は21日、余暇や観光など必要不可欠ではない目的での国外渡航や入国禁止措置をイースター休暇後の4月18日で解除すると発表した。新型コロナウイルスのパンデミック(世界的流行)の第3波を防ぐ目的で延長を重ねていたが、現行の期限以降は引き伸ばさないと示した格好…

関連国・地域: ベルギー
関連業種: 医療・医薬品観光マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

アントワープ港、スエズ座礁事故受け混雑も(04/09)

EU各国、英国製ワクチン対応で合意至らず(04/09)

EU、輸出管理を厳格化も直ちに適用せず(03/29)

ベルギー、新型コロナ規制を再び厳格化(03/26)

欧州の石炭火力発電所、2030年までに半減(03/25)

ベルギー、渡航禁止措置を4月18日で解除(03/23)

パナソニック、欧州の乾電池子会社を売却(03/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン